海外旅行でのパソコン・携帯電話の使用方法!
海外で仕事や私用でパソコン、携帯電話を日本から持っていって使いたい方への解説です。

PC、携帯は海外でどうようにすれば使えるのかっ・・・・・。


格安旅行代理店(ネット予約支店)
格安旅行代理店
旅行を計画されているならこのサイトの無料情報提供をご覧下さい。       
ご利用は計画的に!たかだか1時間のリサーチでが数十万の差になりますよ。
今までの旅行代金は高すぎる!ネットで旅行を格安・激安を実現できちゃいます!
 

海外でのパソコン(PC)・携帯電話の使い方(思ったよりいろいろ制約があるものですよっ)

 
 海外で携帯電話を使うには?!

 海外旅行に行って携帯電話を使う場合には、現在の携帯電話を持って行くのも一つです。最近は、各社が海外のローミングサービスを利用するようになり、別途料金(結構高いですよ)を支払えば現在、使用している携帯電話を海外で使用することができます。しかし、海外で携帯番号をいろいろと記入したり、人に教えたりする場合に、教える相手が信用できるかどうかを判断することが難しいですので、1、2年の短いスパンで海外に滞在される場合は、以下の手段を利用されることをオススメします。(私なんかは、折角海外旅行に行っているのですから、日本からの仕事の電話などがかかってきて欲しくないというのが一番の理由なんですけどねっ)

レンタル携帯電話
 仕事(転勤ではない場合)や学生ビザやワーキングホリデーの場合には、毎月通話料を支払う携帯電話を購入するしようとすると、いろいろ制約があり契約してもらえないケースがります。また、海外での契約になりますので、折角、借りても自分が連絡して欲しい人などの電話番号を教えることができません。
そこで、コスト的、契約の仕方などから、 レンタル携帯電話は機体無料というプランも多く、おそらく最も安く携帯電話を使う方法ではないかと思われます。
 海外に到着したらすぐに、
携帯電話のありがたさを感じると思います。携帯電話をどうするか迷っているかたは、出発前から準備されるとよいでしょう。みなさんが、思っているより簡単に携帯電話はレンタルできますよ。



プリペイド式携帯電話(先払い式)
 最近の主流は、GSM方式(GSM: Global System for Mobile communications) の携帯電話はその名のとおり世界標準の携帯電話です。日本・韓国を除くほとんどの国で使れています(韓国で使える携帯電話を買いたい人は、Cdma-Oneを買いましょう)。
プリペイド式携帯電話ですと前払いですし、使いすぎ防止などのも役に立ちます。ちょっとした海外旅行におすすめです。国際電話は結構、お金がかかりますしね。

・GSM携帯電話の特徴
携帯電話本体と契約用のICカード(SIMカードと呼ぶ)が別になっている。
電話帳(電話番号)もSIMカードに保存が可能(本体にも可能)。
デジタル携帯。ただし日本の携帯の3倍の電波強度。
(プリペイド式でなければ)ほとんどの国で自動ローミングサービスが提供される。
周波数によってGSM 900(多くの国)、GSM 2400(周波数の足りない国)、GSM 1900(北米)の3種類がある (複数の周波数に対応したデュアル端末もある)。

国際電話のかけ方は→こちらへ

 海外ノートパソコン、プロバイダの使用方法について

海外での日本語ノートパソコン・インターネットの活用
 
海外で日本語によるインターネットやメールが使用できるかどうかで日本との連絡手段が大きく変わtってきます。日本語版パソコンが販売されている国・地域もございますが日本国内で購入するよりは相当割高となりますので、やはり日本語パソコンは日本から持参されるほうがいいですよ。
 特に現地到着直後は海外ですることは多くて、パソコンばかりに構っていられないですよねっ。プロバイダの登録やパソコンの設定・テストなどは可能な限り出発前に済ませ現地到着第一日目からインターネット・メールが利用できるように準備して出発し方がいいですよ。日本にいるならPCに詳しい人に聞いたり、教えてもらったりできますのでねっ。できれば、詳しい人に頼んで設定をやってもらうほうが得策だと思います。
  また、インターネットプロバイダの登録や設定を経験した事がない方が、海外で初めてこれらの作業を行うことは非常にリスクのあることです。パソコンに限らず海外生活では日本では考えられない事がおこtったりしちゃいますよね。不安もいっぱいですし、習慣、文化の違いなども家電、情報機器にも大きく関わってきます。

海外で日本語のノートパソコンを使用するためのチェック項目

1.ACアダプタ
 日本の電圧は100Vだが海外は240Vから110V等、国や地域によってさまざま。ACアダプタ自体は国際対応品が本体購入時についている事がほとんどなので、そのまま使えることが多い。

2.電源コード
 本体購入時についているACアダプタとコンセントへつなぐコードは100Vの日本仕様のことがほとんどである。実質240V等でそのまま使っても問題は無いようだが、メーカー保証外の使い方になるので、コードだけでも対応品を購入しておくとよい。大型電器店や旅行グッズ販売店等で購入可能(1000円程度)。それよりも一番問題になるのはプラグ形状で、国によって全然違うので行く国のプラグ形状を調べて、必要なら事前に準備しておこう。

3.モデム
その国で使える認定品かどうか調べよう。また、モジュラージャック形状も国や地域で違うので形状を事前に調べておくといいだろう。本体に内蔵されているモデムが非対応の場合はPCカードの国際対応モデム等を用意したほうがいいかもしれない。ただし、ホテルなどによっては日本等で使われているモジュラージャックが用意されていることもある。

4.ドライブ
 短期の場合は必要ないかもしれないが、現地でソフトをインストールしたくなったりした場合にあったほうが便利である。

5.修理やメンテナンスについて
 期間現地に滞在するのなら万が一の場合に備えて、現地での修理体制を調べておくといいだろう。


海外でインターネットを使うには!

海外でインターネットを利用する場合、だいたい次の2つの選択肢がある。

・日本国内でプロバイダと契約して、そのプロバイダの海外接続サービスを利用する。
・現地の(日系)プロバイダと契約する。

 日本のプロバイダと契約する場合、海外でのインターネット接続にかかる費用と、滞在先の国・地域でサービスが提供されているかどうか、市内通話料金で利用できるアクセスポイントがあるかどうかなどをチェックしよう。大手プロバイダはほとんどが海外サービスを提供しているので、ホームページなどを見て比較するとよい。

現地のプロバイダと契約する場合には日本のプロバイダより利用料金は安いことが多いが、言葉の問題などで登録や設定に手間取ったり、問題が起きてサポートを受けるときに時間がかかったりするおそれもある。

 選び方はインターネットをどのように利用するかに応じてちがってくる。プロバイダによってはインターネットを利用した国際電話をかけられたり、Eメールアドレスを複数持つことができるなどのサービスを提供しているものもあるので、自分の用途に合ったものを選択するといいだろう。

国際電話が格安になる方法

世界中どこでも無料通話!Skype.com
通信料無料のインターネット電話が利用できる!!Skypeとは、無料のインターネットコミュニケーションツールです。ソフトウェア( 無料)をダウンロードしていただくことで、世界のどこからでも無料で時間を気にせず他のSkypeユーザーと通話することができます。。

格安電話
【国際電話 VAPLUS】は(株)コムスクエアが提供する国際電話サービスです。大手キャリアからの回線を再販、自社での国際通話システムを構築する事により、業界も驚きの格安料金で国際電話を提供。簡単な申込手続きを行い、コンビニエンスストアでお支払いをするだけで通話が可能になります。

 



海外旅行でのパソコン・携帯電話の使用方法ページTOPへ
格安旅行代理店(ネット支店)TOPへ

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO